文字サイズ:

ウェルジョブ ニュース

第2号:布マスクプロジェクト始動 「置きマスク」方式が特養老人ホームで喜ばれています 第1回

2020年5月15日

現在のコロナ禍で、医療・福祉施設でマスクが不足していた4月、これまで行っていたマスクの対面販売ができなくなってしまった障がい者就労支援施設と特別養護老人ホームをつなぐプロジェクトを始めました。

今回の「置きマスク」形式の設置にご協力いただきましたのは、特別養護老人ホーム様。初回は、 社会福祉法人 緑生福祉会 緑生苑様での布マスクプロジェクト実施をご紹介します。

置きマスクセット
緑生苑様の設置の様子

設置開始からたくさんの方がご利用いただき、5月8日時点で130枚の布マスクを納めています。

緑生苑様では、理事長の原田様が真っ先にご購入くださり、職員の方々もご家族用にと子どもマスクも含めて、続々と追加の注文をいただきました。

下記の左の写真は、苑長の原田様と玄関での一枚です。緑生苑様は、緑あふれる大高町にあり、明るく温かい空気があふれていました。本当にありがとうございます。

また、今回のプロジェクトにお声かけさせていただいた中で、即ご対応くださった株式会社みらいずとパッソ工房の製品を納めることができました。現在、ご賛同いただく製造施設も特別養護老人ホームも増えています。

緑生苑様
みらいず様マスク その1
みらいず様マスク その2

ウェルジョブなごやとしましては、障がい者就労支援施設の製品を広めてまいります!